お知らせ・インフォメーション
  • お知らせ・活動報告一覧
  • カテゴリ検索
  • 日付アーカイブ
2014年6月11日
一般社団法人 全国住宅産業協会 第2回定時総会開催・高山理事長出席
活動報告

 平成26年度の活動計画を決める重要な会議です。

 平成26年6月10日当協会上部団体である全国住宅産業協会の第2回定時大会が東京のホテルニューオータニで開催されました。

 当協会からは今年度新しく理事長に就任された高山壽雄理事長が出席いたしました。
 平成25年4月1日、日住協と住協連が新設合併し、全住協としてスタートしました。

 会員数は団体会員や協会の会員を含め、1,436社となりました。

 総会に先立ち開催された第7回理事会において、理事長協議会メンバーに高山理事長がメンバーとなりました。
 また、政策審議会委員には引き続き船越谷副理事長が委員となりました。

 定時総会議案は平成25年度事業報告に始まり政策活動・提言等協会活動についての詳細な報告があり、満場一致で承認されました。引き続き、本部会計決算並びに支部決算についても、来年度予算と共に承認されました。

平成26年度事業計画

基本方針

  • 政策活動・提言
    消費税10%時の軽減税率の導入、住宅・土地税制改正、住宅金融支援機構のフラット35をはじめとする融資制度等について要望し、その現実を図る。
  • 住宅不動産事業手法等の拡充
    (1)委員会活動を通じて、環境・健康に配慮した住宅供給の促進、不動産流通市場活性化への対応、既存住宅のリフォーム等について調査研究を行うとともに、「全住協いえかるて」の普及を図る。
    (2)建築物の耐震化の促進のほか、会員間のビジネスに資する事業を実施する。
  • 協会活動の展開
    (1)協会活動の活性化を推進するとともに、協会運営の効率化に努める。
    (2)消費者保護の観点から、相談窓口において消費者等からの相談に対応する。
    (3)(一社)静岡県都市開発協会を監事協会として、第47回全国大会を静岡で開催する。

全国住宅産業協会

146964